作文の悲劇

ご訪問ありがとうございます。

「ブログの記事を書いていたら作文になってしまった・・・」



その文章を読んで「自己嫌悪」に落ちいるパターン。



これは「文章が苦手だ」という人にこそ多く見られる現象で、

そのような人こそ、たった1つのことを理解できていない。



メール(ステップメール)、ブログ、これらは


「何のためにあたは書いているのか」

を自覚しなければなりません。



ブログの記事は別に「作文」でもいいワケですよね?



「なぜ作文じゃいけないのか?」その人自身が一番理解しているはず。


誰かに何かを伝えたくて、平々凡々な記事ではインパクトが弱いと、

「だから作文のようになってしまた・・・」と、そう思うのです。



これは僕も体験したことがあるのですが、大抵はブログの記事を

書いているという意識が強くて、大勢の人に見られるイメージ

が強いとこうなります。



でも、考えてみてくださいね。



「伝える」の意味を考えてください。



伝えるとは、あなたの意見、思いが他人に理解されたことを

「伝える」といいます。


読者が「そう、そう」「うん、うん」「この人分かってるわぁ」

と相槌を打ちながら読んでもらえることを言うのです。



作文が下手で、何やら論理的なことを書いていることが、

上手いということではないと言うこと。



これを理解しておくことが必要なんですね。



あなたにはあなたなりの言いたいこと、思っていることが、

きっとあるはずなんです。


記事を書いた結果「作文になってしまった・・・」と

思った時は、ちょっと思い出してくださいね。



そこに「あなたの思いがあるか?」これに気を付けていれば、

きっと作文のようにはなりません。



もっとも簡単な方法は「友達にメールを送る感覚で書く」

これだけで、あなたの思いは伝わり、作文のような文章には

なりません。



メールでも、ブログでも結構ですが、伝えたいことがあるなら、

1度試してみてください。



僕は、さらにその感覚を高めるために、



「友達の写真を液晶に貼り付け」ターゲットに合わせて、

貼る写真を変えています。



時には「母親」時には「彼女」と、稀に「犬」の写真を貼る

ことも。



なぜかは、言いませんが・・・


長文お読み頂き、ありがとうございました。


「極楽シンタロウ」

↓管理人「極楽」のメインメルマガ「【GOKURAKU】NETビジネス戦略室」↓
プレゼントの紹介だったり実践レビューなどをシェアしています。
日常的な出来事をビジネスに繋げたり今まで培った極楽の知識、 全てを公開しています。


ステップメール・アフィリエイト戦略室 極楽式 メルマガ登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
姓:
名:
Powered By MTSプロ


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

プロフィール

◆マーケティングライター◆
【極楽シンタロウ】

ステップメールの書き方や、
マーケティングを活かす方法など
ご気楽に、ご相談ください。
ご相談・ご質問はコチラ

相互リンク : 相互リンク募集
人気ブログランキングへ

397時間動画パソコン
教室専用

管理人作成の
高成約率ステップメール




B-UPガールズ専用

管理人作成の
高成約率ステップメール




LFMスーパーアフィリエイター
月3000万の秘密専用

管理人作成の
高成約率ステップメール




ロト6予想ソフト
ロトドリーム専用

管理人作成の
高成約率ステップメール




腱鞘炎改善プログラム
【福辻式】専用

管理人作成の
高成約率ステップメール




【極上ステップメール】
ステップメールライティング術

ついに公開!
新着無料レポート




スッテプメールを学びたい!
プロのコピーライターが全てを語る!!



メディア
アフィリエイトセンター

高品質外部リンク1万件!
無料プレゼント中



メディアアフィリエイトセンター

【一筆両断】~Mr.Y
Copywriting method

コピーに悩む全ての人に贈る!




管理人が最も信頼する
ライティグのノウハウです!

※当サイト特典メルマガ講座なし
「直リンク」

本物のライティングスキルを身に付けたいのならコレだけで大丈夫です。

【楽販アフィリオ】
コピーにお悩みなら!

プロのコピーライターが大集合!
高成約率ステップメール販売サイト




厳選した優良教材を
プロのコピーライターが執筆。

高成約率ステップメールを販売!

もうあなたが書く必要はありません

最近のコメント

    コメントはありません